ビオメディのエッセンスミルククリームは、肌荒れに悩んでいる人や美しい素肌になりたい人におすすめの商品です!

同じような肌トラブルに悩んでいるたくさんの女性が、ビオメディを使用して肌トラブルを解消しています。

そこで今回は、ビオメディについて詳しくご紹介していきますので、 ビオメディに興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ビオメディの特徴!

ビオメディは、皮膚常在菌のバランスを整えることによってニキビを改善していきます。

肌には、善玉菌日和見菌悪玉菌という菌があるのですが、善玉菌は肌に良い働きをする菌、悪玉菌は肌に悪い働きをする菌、日和見菌は善玉菌と悪玉菌のバランスの影響を受ける菌となっています。

皮膚常在菌のバランスが悪くなるとニキビができやすくなったり、肌の赤みが残ったりしてしまうため、善玉菌を増やして日和見菌や悪玉菌が肌に悪い影響を与えないようにすることが大切です。

 

つまり、善玉菌を増やせば、肌のコンディションが整うということですね。

実は、ビオメディはこの大切な善玉菌が配合されています!

なので、ニキビができにくい肌へと改善されていくのです。

 

皮膚常在菌は、肌の潤いを保つ働きにも関係しています。

肌の潤いを保つことができれば、シワ、たるみ、乾燥肌なども改善できますね。

ビオメディを使用すると皮膚常在菌のバランスが整えられて肌のコンディションも整うというのは、肌にとても嬉しいことです。

 

また、保湿ケアをすればニキビの原因であるアクネ菌が増えるのを防ぐことができます。

さらに、肌が潤ったら毛穴が詰まりにくくなることも、ニキビができにくい肌になる理由の一つですね。

ビオメディを使えば毎日の肌環境がしっかりと整えられるので、ニキビのない肌へと導かれていくでしょう。

 

ビオメディはどうして高い人気があるの?

ビオメディが1本あれば、4役を1度にしっかりとこなしてくれるので便利です!

ビオメディは、化粧水、美容液、乳液、クリームの機能を持つオールインワンクリームです。

まずは、オールインワンの長所を見ていきましょう!

 

「肌への刺激や負担が少ない」

 

「時短のスキンケアが可能」

 

「肌に不要なものを残さずケアできる」

 

「スキンケア商品にかかる費用が減る」

 

オールインワンなら時短のスキンケアができるため、子育てに忙しいお母さんや仕事に忙しい女性にもおすすめです。

肌への刺激や負担が少なく、肌本来が持つ力を蘇らせる成分や豊富な美容成分が配合されていることも、ビオメディが人気がある理由の一つになります。

 

肌に優しいフリー処方

ビオメディは、肌が敏感な人でも使うことができるように、8つのフリー処方となっています。

着色料、香料、パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、サルフェートは配合されていません。

なので、ビオメディは肌にとても優しい商品なのです。

また、ビオメディはミルクタイプの化粧水で水分と油分のバランスが良いので、肌質を選ばずに使うことができます。

 

ビオメディを実際に使用したレビュー!

恵比寿にビオメディのお店があるので、前から興味がありました。

SNS映えするオシャレなパッケージも人気が高いですね。

ビオメディは、肌の常在菌を安定させて肌トラブルのない肌に改善してくれるということなので、思い切って試してみることに決めました。

 

ビオメディを使用して1週間目

かなり伸びがよいクリームで、肌にスムーズになじみます!

しっとりするのにベタつかない使い心地なのも良いですね。

使い始めた3日間は、肌が慣れていないためか乾燥が気になったのですが、4日目からは肌にしっかりとなじむようになり乾燥もほとんど気になりません。

 

ビオメディを使用して15日目

ビオメディのトライアルセットは7〜10日間分となっていますが、少しの量でよく伸びるので15日間も使えました。

コスパがとても良いですね。

今までは、肌が乾燥してかゆみが出ていましたが、ビオメディを使用してからはかゆくなることがほとんどありません。

特に、寒い季節になると足のスネがカサついて、肌が赤くなるまで掻くこともありました。

 

ビオメディを使ってからは、スベスベのスネをキープできています!

常在菌のことを考えたことがなかったのですが、ビオメディを使うようになってからは、常在菌を整えたら肌が安定するということを実感しました。

かなりひどい乾燥肌だったので病院に行くことを考えていましたが、

 

「あの乾燥は何だったの?」

 

というくらい乾燥が落ち着いたのでとても喜んでいます!

 

ビオメディの使用をやめて1ヶ月

ビオメディの使い心地はとても良かったのですが、その効果は本当なのかどうかを知るために使用を止めてみました。

すると、乾燥によるかゆみが再発してしまったのです。

ビオメディの使用を続けることによって、肌の状態は安定するということですね。

 

なので、ビオメディをもう一度使うことにしました。

ビオメディの評価として、私にはとても合う商品だと言えます!

サラッとしてベタベタしないのも気に入っているし、ミルクとクリームの間のようなテクスチャーも使いやすいです。

 

肌の常在菌に重点を置いた新感覚のビオメディは、使用を継続することによって肌が強くなっていく感じです。

実際にビオメディを使ってみて、おすすめできる商品だということがわかりました!

 

ビオメディを実際に使用した人の口コミ!

ネガティブな口コミ

かゆみが少し落ち着いているときに、ビオメディを初めて使ってみました。

すると、塗った瞬間から肌が火照ってかゆみが出てしまいました。

でも、口コミの評価が良かったので効果を期待しながら就寝することにしたのですが、かゆみがすごくて大変でした。

 

最近かゆみが落ち着いていたのに、顔が真っ赤になってしまい昼になってもひどかったので、顔を洗って普段使っている化粧水を付けました。

すると、1時間後には炎症が落ち着きました。

 

私には、ビオメディは全く合わないということです。

かゆみ以外は問題なかったので、かゆみがない人には口コミのような効果が実感できるのでしょう。

トライアルサイズを使用したときは何のトラブルもなかったので、現品を購入しました。

1ヶ月くらい使用したのですが、少しづつ吹き出物ができてきて、かゆみも生じるようになりました。

 

そして、肌がインナードライになってしまったので、使用を中止しました。

旦那も使っていますが、旦那は何の問題もなく肌が少しづつ白くなっていっています。

旦那には効果が出ているので、合う人と合わない人がいる商品ですね。

 

ポジティブな口コミ

ビオメディだけを3ヶ月以上使用しています。

シミ取りでレーザートーニングを当てる美容皮膚科に行ったときに、

 

「お肌がツルツルですね」

 

と褒められました。

吹き出物もできにくくなったし、肌の乾燥も改善されました。

また、入浴後に子供のスキンケアを先にするのですが、その間に突っ張ってしまう肌にもよく浸透してくれます。

ニキビがよくできていましたが、ビオメディを使ってからはニキビが減りました。

生理前にニキビができかけたのですが、いつもは芯が残るほど大きくなるのに小さくなって消えたので驚きました。

気になっていた頬のカサつきは、ビオメディを使用して3日で改善しました。

夕方のメイク直しのときに、カサカサの浮きが出なくなったのでため息をつくこともなくなりました。

 

ファンデーションがスムーズに塗れるのは嬉しいですね。

長年気になっていたことが、こんなに簡単に改善されたので正直驚いています。

 

さらに、結婚式の準備で寝不足が続いたときでも肌に悪い影響が出なかったので、本当に助かりました。

肌の調子が整っていたら、メイクが手軽にできるので楽しいです。

アトピーのある主人が使ってみました。

すると、前よりかゆみが落ち着いて全体の赤みが消え、肌の状態が良くなっていました。

 

ビオメディの効果的な使用方法!

ビオメディは、基本的には1プッシュに使用します。

かなり肌が乾燥していたり肌にダメージがある場合は、下記のスペシャルケアを試してみてくださいね。

 

基本的な使用方法

1プッシュほど手に取り、頬に乗せて内側から外側へと円を描くように優しくなじませてください。

最後に優しくハンドプレスをして、しっかりと浸透させましょう。

 

かなり乾燥している肌やダメージが多い肌への使用方法

基本的な使用量は、1プッシュです。

しかし、かなり乾燥している肌やダメージが多い肌には、2プッシュ使用するようにしましょう。

使い方は、基本的な使用方法を2回繰り返すだけでOKです。

一度にたくさんの量を塗ってしまうと肌になじみにくいため、1プッシュずつ塗ってくださいね。

 

スペシャルケア

就寝前に、スペシャルケアとしてパックをしましょう。

パックをするときは、3プッシュ使います。

厚めに塗ったら、10~20分ほど放置して、軽く拭き取りましょう。

 

塗ったクリームが気にならない人は、拭き取らずにそのまま就寝するとさらなる効果が期待できます。

ビオメディは150mlも入っているので、2ヶ月半くらい持つのも嬉しいですね。

なので、もったいがらずに毎日たっぷり使ってくださいね。

 

業界も驚くビオメディの効果!

LG100配合が美肌菌をアップ!

ビオメディの主な配合成分は、LG100です!

成分一覧表には、α-グルカンオリゴカッサリドと表記されています。

 

成分一覧表に表記されているヨーグルト液にも、LG100が含まれています。

アンチエイジング専門の美容クリニックでは、バイオエコリアという化粧水などのクリニックコスメにも含まれている実力のある成分になります。

LG100は、防御型の美肌成分です。

肌には皮膚常在菌である善玉菌と悪玉菌がありますが、LG100はなんと善玉菌だけを増やして悪玉菌は減らすという働きをしてくれます。

実験では、善玉菌が100倍に増えて悪玉菌は100/1に減ったという結果が出ています。

 

美容業界では美肌菌と言われている肌の善玉菌には、バリア機能と潤いをキープする機能があるので、善玉菌だけを増やすことができれば、肌環境が整えられて美しい肌へと改善されていくのです。

これが、ビオメディの最大の特徴と言えますね!

 

フラーレンの抗酸化作用でさらに美肌に!

ビオメディの注目成分であるLG100が肌の善玉菌を増やして肌環境を整えたら、他の美容成分がさらなる美肌への働きをしてくれます。

特に、成分一覧表の2段目に記載されているフラーレンは、よく知られている成分ですよね。

フラーレンの発見者は、1996年にノーベル化学賞を受賞しました。

 

そして、今も世界中で研究が続けられている成分になります。

フローレンには、高い抗酸化作用があり、その数値はビタミンCのなんと約172倍もあります!

抗酸化作用は、シミ、シワ、くすみなどの肌老化の原因になる活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジングの効果を発揮してくれます。

 

ビオメディは、フラーレンによる優秀なアンチエイジング効果とともに、肌の美肌菌をアップして肌の土台から美しくしていきます!

 

VCIP(油溶性ビタミンC誘導体)によるエイジング効果

では次に、VCIPという成分について見ていきましょう。

ビオメディの成分一覧表に、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルと表記されている成分です。

VCIPは、高品質の化粧品でたまに見かける油溶性ビタミンC誘導体という成分なので、知っている人も少なくない成分ですね。

 

VCIPは、その美白効果によってシミやくすみを改善したり、抗炎症作用によってニキビを改善したりしてくれます。

また、コラーゲンの生成を促して、小じわの改善や予防をする働きもあります。

VCIPは、肌に嬉しい成分ですね。

 

ビタミンC系の成分は、活性酸素で破壊されやすいのですが、ビオメディにはフラーレンが配合されているので安心です。

フローレンの高い抗酸化作用が、VCIPを壊れにくくしてくれるからです。

VCIPとフローレンの相乗効果は、スゴイですね。

 

また、VCIPだけでなく、肌のハリをもたらす植物プラセンタ、肌の弾力をアップして保湿・保水効果の高い2種類のコラーゲンと2種類のヒアルロン酸、さらにエラスチンもビオメディに含まれています。

これらの成分は、善玉菌が増えた質の良い土台にさらに美肌効果を与えてくれます。

ビオメディは、効果がしっかりと計算された優秀なスキンケア商品ですね!

 

9種類の和漢植物エキスが美肌をキープ!

では次に、ビオメディの美肌効果を裏からサポートしてくれる成分についてご紹介していきますね!

ビオメディには、和漢植物エキスがなんと9種類も含まれています。

成分一覧表では、8~11段目に記載されていますね。

美容の女王とも言われている当帰(トウキ根エキス)は、特に注目されている成分です。

当帰に含まれているビタミンB群やリグスチリドは、美肌効果が高いことで有名ですね。

 

ビオメディに配合されている9種類の和漢植物エキスは、美白効果、保湿効果、抗炎症作用、血行促進などの効能があるものが選び抜かれています。

そしてこれらの成分は、LG100やフラーレンなどのエイジングケア成分をサポートしていきます。

 

配合成分の副作用は大丈夫?

ビオメディには、副作用の報告がありません。

なので、安心して使うことができますね。

スキンケア商品は毎日使用するので、副作用が心配な人もいるでしょう。

そのため、ビオメディの副作用をチェックしてみましたが、特に副作用は報告されていませんでした。

 

ビオメディは、善玉菌を増やして肌のコンディションを整えていくので、香料、着色料、パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油は配合されていません。

ただ、いくらビオメディが安心な商品でも、他のスキンケア商品と同じように肌との相性があります。

どうしても個人差があるので、全ての人に合うスキンケア商品はありません。

 

なので、ビオメディを初めて使う人は、パッチテストをすることをおすすめします。

そして、問題がなければ使用を開始してくださいね。

また、アレルギーがある人は、配合成分をしっかりと確認して、体質に合わない成分が配合されていないかどうか判断してくださいね。

 

ビオメディの全配合成分

水、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、BG、ペンチレングリコール、スクワラン、α-グルカンオリゴサッカリド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トウモロコシエキス、フラーレン、ヨーグルト液(牛乳)、水溶性コラーケゲン、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル (C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸 PG、加水分解エラスチン、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、アカヤジオウ根エキス、ブクリョウタケエキス、モモ 果実エキス、ボタンエキス、カンゾウ根エキス、ハトムギ種子エキス、ダイズ種子エキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ステアリン酸、バチルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル -10、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、(アクリレーツ/ア クリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、カルボマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レシチン、PVP、水酸化K、キサンタンガム、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

 

自分の肌に合うスキンケア商品で、肌を十分に保湿してくださいね。

 

ビオメディとピュアメイジングを比較!

比較表

名称 ビオメディ ピュアメイジング
価格 初回購入は2997円(税込)

2回目からはずっと10%off

初回購入は1998円(税抜)

2回目からはずっと20%off

送料 無料 無料
150ml 60ml
製造国 日本 日本
返金保証期間 なし なし
定期コースの条件 なし なし
主な配合成分 LG100 、植物プラセンタ、フラーレン 紫根エキス、プラセンタ、アラトイン
主な効果 ニキビの改善と予防、エイジング効果、肌サイクル改善 シミ・ニキビ対策
安全性 香料、着色料、パラベンフ、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、サルフェートは配合されていない 着色料、パラベン、アルコール、石油系界面活性剤、鉱物油は配合されていない
1日の使用頻度 朝と夜の2回 朝と夜の2回
1回の使用目安量 1 ~3プッシュ さくらんぼ粒大1つ分

 

配合成分を比較

ピュアメイジングとビオメディの配合成分には、主な有効成分としてプラセンタが配合されています。

ピュアメイジングには、抗菌作用や抗炎症作用の効果がある紫根エキス、カタツムリの傷がすぐに治ることから発見されたアラトインなど、10種類の美容成分が配合されています。

 

一方、ビオメディには、皮膚常在菌に働きかけるLG100、肌サイクルに働きかける和漢植物、豊富な美容成分が配合されています。

肌の菌に働きかけるスキンケア商品は、あまりありませんよね。

自分が必要とするのはどちらの成分なのか見極めてみてくださいね。

 

添加物を比較

添加物を比べてみたら、ビオメディは8種類のフリー処方、ピュアメイジングは5種類のフリー処方となっていました。

両商品ともに、肌に優しい処方になっています。

でも、できれば少しでも添加物が少ないほうが安心ですよね。

なので、肌への刺激が低い商品を求めている人は、ピュアメイジングよりビオメディをおすすめします。

 

値段を比較

内容量は、ビオメディは150ml、ピュアメイジングは60gとなっているため、量の単位が違います。

なので比べにくいため、公式サイトに載っている使用目安期間を見てみました。

すると、ピュアメイジングはさくらんぼ粒大を毎日朝と夜に使用して約1か月持つということです。

一方、ビオメディは毎日朝と夜に1プッシュ使用して、2ヶ月半持つということです。

 

以上のことから、値段に関してはビオメディがピュアメイジングの値段の2倍ということがわかりますね。

でも、ビオメディアは2ヶ月半持つので、値段はあまり変わらないということになります。

両商品ともに、1回の購入から解約をすることができるため、配合成分や効果からどちらを選ぶか判断してみてくださいね。

 

ビオメディが向いている人!

ビオメディが向いている人をご紹介していきますね!

ビオメディに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

「肌がくすんで暗く見える人」

 

「肌がかなり乾燥している人」

 

「ニキビがよくできる人」

 

「肌の衰えを感じている人」

 

「肌のハリ・ツヤがなくなってきた人」

 

「敏感肌でも使えるスキンケア商品を探している人」

 

「ベタつく使用感が苦手な人」

 

「手軽なスキンケアをしたい人」

 

「子供の肌の乾燥を改善したい人」

 

上記に当てはまる人は、ぜひビオメディを試してみてくださいね!

ビオメディは、皮膚常在菌を整えて肌に負担をかけることなく優しく美肌へと改善していきます。

そのため、肌が敏感な人や子供でも安心して使うことができるでしょう。

肌をしっかりと保湿して潤いを与えるので、乾燥からお別れできるはずです。

 

ビオメディは、これ1つだけで4つの機能をこなすオールインワン商品なので、時短のスキンケアができるのも魅力ですね。

また、美容成分が肌にしっかりと浸透するので、健康的で美しい肌へと導かれます。

肌トラブルに悩んでいる人は、ビオメディを試して美肌を取り戻しましょう!

 

ビオメディを最も安く購入できるのはどこ?

実店舗での購入

ビオメディは、マツモトキヨシ、ウェルシア、ツルハなどのドラッグストアでの取り扱いはされていませんでした。

また、ドンキやロフトなどでも販売されていません。

ビオメディは、通販のみの販売となっているので、今のところは実店舗での取り扱いがないということでした。

 

Amazonや楽天での購入

ビオメディをAmazonで検索してみました。

すると、ビオメディのエッセンスミルクリームは、4,576円となっていました。

次に、楽天でビオメディの値段をチェックしてみたら、今のところは楽天での取り扱いはありませんでした。

 

公式サイトでの購入

ビオメディを最もお得に買うことができるのは、公式サイトになります!

値段は2,997円(税込)なので、どこよりも安いですね。

もちろん送料もかかりません。

 

ちなみに、ビオメディは容量が多くて約2ヶ月半も持つので、質の良い成分が配合されているにも関わらずコスパが良い商品です。

ビオメディは、大手の通販サイトでも販売されていますが、価格は公式サイトの1.5倍以上でした。

ビオメディをできるだけ安く買いたい人は、ぜひ公式サイトを利用してみてくださいね。

 

気軽に試せるミニサイズを用意

ビオメディの公式サイトには、気軽に試すことができるミニサイズも用意されています。

容量は18mlなので、7日~10日くらい使うことができるでしょう。

 

「まずは自分に合うかどうかを試したい」

 

という人は、このミニサイズから試してみると良いですね。

ただ、お得感に関しては通常サイズのほうが抜群なので、自分に合うほうを選びましょう。

 

ビオメディのまとめ

ビオメディについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ビオメディは、肌の善玉菌を増やして肌のコンディションを整えながら美肌へと改善してくれます。

 

また、ビオメディは肌に優しいオールインワンなので、肌が敏感な人や忙しい人でも使うことができますね。

お得に購入できる公式サイトからビオメディを申し込んで、健康的で美しい肌を取り戻しましょう!